キャッシング

利用限度額について

通常、新規での取引はどんなに信用が高い顧客であっても50万円に設定されています。収入が少ないアルバイトやパート、契約社員、専業主婦などは信用が低くなりますので、当初の借り入れ限度額は30万円以下に設定されてしまいます。一番低い設定額は5万円といったところでしょう。

 

ただし利用をして確実に返済していくことで信用度も上がってきますので、通常半年も利用すれば、消費者金融側から利用限度額upの打診がされてきます。その打診を了承すれば、借り入れ限度額を上げることが可能となります。

自分で限度額を上げるには

基本的にキャッシング会社は顧客に少しでもお金を貸そうとしてきます。彼ら金銭賃借業者は顧客にお金を貸さないことには一円たりとも利益が上がってきませんので、当然のことです。信用の高い顧客には接客的に融資をもちかけてきます。

 

しかし、そういった融資の話が来ない顧客というのは、まだ信用がついていないといことです。そういった信用がついていない顧客が、限度額を上げて欲しいと交渉したところで、金融業者は易々と応じてくれないのが実情です。

 

限度額を上げた欲しい理由と、返済の見通しなどを聞かれますので、正直に答えましょう。「他の借金の返済のため」「博打に使うため」といった理由では却下されるので注意しましょう。それと一番重要なのは返済の見通しです。

 

給料が手取り15万円しかないのに、毎月の返済が10万円といった非現実的な回答はまず通りません。現在の法律では年収の三分の一以上の借金が出来ないことになっています。