キャッシング

専業主婦キャッシング

一昔前は夫がサラリーマンであれば、夫の社会保険証を使って専業主婦でも簡単にキャッシングが可能でした。しかし、一部に夫に無断でブランド物などの高価な品を購入する悪質な主婦がいたため、2010年の法改正で専業主婦へのキャッシングは不可能となりました。

 

しかし、夫の承諾書があれば審査には通ります。といっても、夫に承諾書を書いてもらうくらいなら、そんな面倒なことしなくても夫に借りてもらえば済むことなので、わざわざ承諾書を持って消費者金融へ行くような主婦は皆無かと思います。

どうしても内緒で借りたい

どうしても夫に内緒でお金を借りたい場合は、通常の貸金業登録業者では審査には通りませんので、非登録業者(ヤミ金融)で借りる以外に方法はありません。

 

しかし、これがどういう意味を持っているかは、ご自分で深く考えたほうが得策です。

 

ヤミ金融には法定金利など存在しません。膨大な金利を請求されますし、 もしも支払いが遅延でもすれば、自宅や夫の勤務先などへ取り立てに行くでしょう。そうなってしまえば、家庭は破滅です。 悪いことはいいません。夫に内緒でキャッシングしようなどと考えないことです。

レディースローン

レディースローン

昭和の時代の消費者金融においては、利用客の大半が男性客でしたが、現在では女性客が半数近くを占めるまでになりました。要因としては、サラ金時代の悪いイメージからの脱却に成功したことと、CMなどによって一般に深く浸透したことがあげられます。

 

中でも女性向けのレディースローンは女性客獲得に大きく寄与しており、女性でも気軽に申し込めることと、近所や知人に一切秘密が漏れない個人情報厳守のシステムが受け入れられたのでした。

 

また、女性のほうが男性より物欲が多いというのも関係しており、お金を借りてまでブランド物で着飾って人目を良くしたいというのは女性独特の感情ではないでしょうか。いずれにせよ、これから以降もレディースローンの利用者は増えてくるものと思われます。